陸上競技学会誌 Vol.19, 2021のデータを公開しました。
陸上競技学会誌 Vol.19, 2021

Print

現在、Vol.1, 2003~Vol.19, 2021まで閲覧・ダウンロードが可能となっており、学会員の皆様がご利用いただけます。
※最新のVol.19, 2021のみ会員専用のパスワードを設けております。
陸上競技学会誌 バックナンバー


2020東京オリンピックの陸上競技種目日程について

2020東京オリンピックの競技日程は、以下の大会公式サイトにて公開されています。
東京オリンピック競技スケジュール


お知らせ

陸上競技学会誌Vol.19, 2021のデータを公開しました。

陸上競技学会誌Vol.19, 2021のデータをホームページ上に公開しました。
陸上競技学会誌Vol.19, 2021

2020年度 学会賞論⽂が決定いたしました。

2020年度 日本陸上競技学会 学会賞として
疾⾛の加速能⼒を決定する動作的要因の解明 ―加速指数による加速能⼒の定量化―
眞鍋芳明,稲葉礼史,荒川裕志

が選出されました。

日本陸上競技学会第19回大会優秀発表賞が決定しました。

2021年 2月23日(火)に開催されました第19回大会で発表された27演題の中で、以下の演題が優秀発表賞として選出されました。
箱根駅伝出走選手と非出走選手のエネルギー代謝能力の比較
〇 丹治史弥、西出仁明、栗原 俊、両角速、宮崎誠司(東海大学)

「陸上競技のコーチング学」の紹介を掲載しました。

日本陸上競技学会編「陸上競技のコーチング学」の紹介を、書籍・刊行物のページに掲載しました。

PAGETOP
Copyright © 日本陸上競技学会 All Rights Reserved.